カ レ ー 粉 の は な し

カレー粉は何からできているの?

 カレー粉はスパイス(香辛料)と呼ばれる香りや辛みのある植物を乾燥させ、粉にしたものを混ぜて作ります。
 ①香りのスパイス、②辛みのスパイス、③色みのスパイス、この基本の3種類を入れるとバランスの良いカレー粉ができます。
 どのスパイスをどれくらい入れるのかは決まりがありません。
 そのため、作る人によってさまざまなカレー粉ができあがります。

カレー粉 と カレールウ 何が違うの?
カレー粉(カレーパウダー、純カレー、生(き)カレー)
 一般的なカレー粉はスパイスだけでできているため、使う際に調味料などを加えて味つけをします。入れる調味料の量を自分で決められるため、塩分・油分を控えめにしてみたり、バターを加えてコクを出してみたりして、自分好みのカレーソースを作ることができます。
 また、カレールーを使って作ったカレーソースの仕上げに加えて香りを良くしたり、チャーハンやフライなどカレーライス以外の料理にも使うことができます。
カレールウ
 カレールウは、主に小麦粉、油、肉や野菜のエキス、塩などの調味料、カレー粉でできています。味やうま味、とろみをつける成分があらかじめ入っているので、煮込んだ肉や野菜にカレールウを加えるだけで簡単にカレーソースを作ることができます。
カレー粉の保存方法
 一度封を開けたカレー粉は、カレーの命とも言うべき香りが失われてしまうことや、湿気や虫などから守るため、缶ものはしっかりとフタを閉め、その他のものはポリ袋などに入れて密封し、乾燥した涼しい場所で保管することが大切です。

カレーが服についちゃった!!
 カレーが服などについて、黄色いシミができてしまった時は、先ず食器洗い用の中性洗剤でよくもみ洗いをして下さい。そして、色落ちの心配がない素材であれば、漂白剤につけてからよく水洗いをして下さい。
 カレーの黄色は主にターメリック(うこん)の持つ色素から作られています。ターメリックの持つ色素は紫外線に分解され易いと言われています。そのため、色褪せの心配がない素材であれば、日光に当てることによってシミを消せることがあります。